人気の化粧品トライアルセットランキング

シミ・そばかす・ニキビ痕の原因と対策

突然できてしまったシミやつぶしてしまったニキビ痕。小さいころからあるそばかす、シミにもいろいろな種類があります。原因に合わせて対策をしましょう。
ここではシミ・そばかす・ニキビ痕の原因やおすすめのスキンケア方法についてご紹介しています。

 

シミの種類

※当サイトでは、ニキビ痕もシミの種類に含んだうえでご紹介しています。
(化粧品で薄くなるシミ)
・老人性色素斑・ニキビ跡など。

(化粧品では薄くなりにくいシミ)
・炎症性色素沈着・肝班・摩擦黒皮症・あざ・そばかす・花弁状色素班 など。     ※個人差があります

 

シミ・そばかす・ニキビ痕の原因

老人性色素斑と呼ばれるものがいわゆる加齢とともにでてくるしみです。
紫外線を浴びると肌は大きなダメージを受けるため、その紫外線から肌を守るためにメラニン色素が活発になります。
メラニン色素は、紫外線を吸収して肌を守る大きな役割を持っています。
表皮の一番下の部分である基底層に、色素形成細胞のメラノサイトがあり、紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生してメラノサイトを刺激します。すると、メラノサイトは真皮にある肌の核を守るために黒い色をしたメラニン色素を作り出します。
メラノサイトから放出されたメラニン色素は、徐々に肌の表面に浮上していき、肌を黒くして紫外線から肌を守ろうとします。これが日焼けです。

通常であればターンオーバーによってメラニン色素は角質とともに剥がれ落ち、肌は自然と元の色に戻ります。
しかし、ターンオーバーが上手くいかないと、メラニン色素が肌の所々に残り、色素沈着を起こしてシミになってしまいます。過剰に活性酸素が発生すると、肌のターンオーバーが間に合わず肌にメラニン色素が残って、多くのシミの原因になります。

ニキビ痕で色素沈着として残るものもこのメラノサイトの影響です。ニキビの炎症から肌を守ろうとメラノサイトはメラニンを大量に生産します。そのままメラニンを生産し続けていたり、ターンオーバーの乱れでメラニンがいつまでも肌に残ったままになっていることが原因としてあげられます。

また、そばかすは先天的なものですし、肝班は女性ホルモンの影響ででてくるもの、というようにシミの種類によって原因が全く違うのです。また肝班に関してはレーザーでも消えないシミなので、化粧品での美白をおすすめします。

 

シミ・そばかす・ニキビ痕の対策

スキンケアのラインで美白成分の入っているものを使いましょう。
乾燥をすると外部からの刺激を受け、メラノサイトが活発になりシミが濃くなる原因をつくってしまうので乾燥対策にも注意するように心がけてください。
また、美白で重要になってくるのがとにもかくにも洗顔です。クレンジング、洗顔ともに摩擦を与えないようにしてください。オイルタイプのクレンジングなど、摩擦がなくてもスルっと落ちるものが良いでしょう。肌に炎症などのトラブルがなければ週に1回程度のスクラブもおすすめです。
また 外出するときには、必ず日焼け止めを塗るようにしてください。高SPA値でなくても良いのでこまめに塗るようにしましょう。ファンデーションもSPA効果のあるものを使うと、外出先でもお化粧直しで日焼け防止効果があります。

 

おすすめ成分

ビタミンC誘導体・ソウハクヒ・ハイドロキノン・アルブチン・イソフラボン・プラセンタ・甘草・エラグ酸など

>>美白効果のあるトライアルセットをチェックする

 

イチオシ!トライアルセット情報 

エリクシールホワイト 

大人のための美白エイジングケアを提案する「エリクシールホワイト」。
年々気になってくる「くすみ」へアプローチし、シミを防ぎながら潤いを与え、にごりのない本来の美しい肌を取り戻します。
ファンも多いエリクシールホワイトシリーズからトライアルセットが登場!
紫外線が気になる季節にぜひ美白ケアへとシフトしてください。

>>エリクシール ホワイトの詳細情報をチェックする














トライアル クチコミレポート


運営情報

 

 

トライアルセットのクチコミ掲載中です
ぜひチェックしてね♪

 

 

色々なトライアルを見てみたい方は
「新着情報」のページをチェック!

 

 

ワンランク上のお手入れで
ツヤツヤの美肌をゲットしましょう♪